省エネリフォーム

省エネリフォームの代表的なものには、太陽光発電を利用したオール電化住宅へのリフォームが挙げられます。これは屋根リフォームを伴いますが、国や自治体からの補助金を受けられるケースがありますので、それらを利用すればお得にリフォームを行うことができます。
オール電化住宅にリフォームすることで得られるもっとも大きな効果としては、ガス代がかからなくなることです。それまでは電気代をガス代は別々に基本料金を支払い、それぞれ使った分がそこに上乗せされます。しかしオール電化にすればその基本料がカットされますので、それだけでも節約効果は大きくなります。
また太陽光発電によって発電した電気は、電力会社に買い取ってもらえますので、月々の電気料金がその分安くなることになり、ダブルでお得ということになるのです。
はじめにかかる費用は決して安いものではありませんが、こうしたランニングコストの軽減を考えると、おおよそ10~15年程度で元が取れる家庭もあります。

PR|

コメントを残す