施工時の事故をおこした場合の対処

PR| 注文住宅のことなら横尾建設

事故を事前に防ぐ様にしても、事故は起こってしまう物です。事故をした時はただちに行動を起こす事が必要です。

事故時の処置危険物の消火方法は次の通りになります。

消火をする際には、泡・二酸化炭素・粉末・霧状の水などで窒息消火します。

棒状の水による消火については、危険物が水に浮いてしまい火面を広げる可能性が有るので適当ではないです。

消泡性危険物の火災は、水溶性ではない特殊な耐アルコール泡を使用する事です。

有機溶剤中毒に被災した場合は必要に応じて適切な保護具を着用して、中毒者の救助に向かいその場所は立ち入り禁止場所にします。中毒にかかった者を直ちに通気の良い場所へ移動させ、早急に衛生管理を担当する者に連絡をしましょう。中毒にかかった者の頭を低くして、横向き又は仰向きに寝かせ、身体の保温をします。中毒にかかった者が意識を失ってしまっている時は、口の中の異物を取り除きましょう。中毒にかかった者の呼吸が止まっているときは、速やかに人工呼吸を行いましょう。

コメントを残す