家を買おうと決心したタイミング

家を買おうと決心したタイミングは、家族が増えて子どもが大きくなり、部屋が手狭になってきたからです。また、それまで住んでいた賃貸物件だと、庭や共同スペースがせまく、ペットを自由に飼うことが出来ませんでした。大きな家具や家電をそろえるのにも、将来の引っ越しに備えて躊躇していました。なので、一戸建てを購入することで、広い庭のある家に住み、欲しかった家具をそろえ、ペットを気兼ねなく飼いたい、という思いがきっかけでした。
さらに、ちょうどタイミングよく低金利の時代になり、いわゆるマイナス金利に近い金利で借り入れをすることが出来ました。消費税増税の直前だったということもありました。資金繰りは住宅購入における一番の悩みの種なので、ラッキーだったと思います。また、子どもが手を離れたことで、共働きをする時間ができ、ローンの足しにして家計を助けることができるようになったことも、購入のタイミング的に良かったと思います。